第一回 ぐんまの子ども・若者支援フォーラム

支援を必要としている方と支援者が

うまくかみ合う社会の実現を目指して

    ぐんまの子ども・若者支援フォーラム実行委員会

 ~群馬県子ども・若者支援協議会(子育て・青少年課)民間団体共催~

事務局よりご連絡  本日実施のフォーラムは予定どおり、実施いたします。

 

 1.分科会1・2については、定員となりましたので、これからの申し込みは「分科会3」

  のみとなりました。

 2.感染症対策のため、託児は行わないことになりました。

 3.当日、公社ビルを使用するにあたり、健康状態申告票にご記入・ご提出いただきます。

   8月21日までアップさせていただいていた、pdfファイルが違っておりました。

​   大変申し訳ございません。

​   受付の混雑を避けるため、ご自宅等で印刷できる方は、下記PDFをダウンロードいただき

   ご記入の上、ご来館ください。ご協力のほどよろしくお願いします。

 

ネットワークセキュリティの関係で、上記フォームに接続できない方は、

メールにてお申込みください。その際は、氏名・所属・メールアドレスをご記載ください。

 メールアドレス:minamikaze2015@outlook.jp

群馬県内でさまざまな困難な状況にある子ども・若者の支援に携わっている民間の実践者が呼びかけ合い、国・県の支援機関や市町村、学校等で相談業務に携わる職員らと困難の現状と課題を共有し、支援に関わる情報を相互発信できるフォーラムを開催します。

・対 象 : 困難な状況にある子ども・若者支援者及び関係機関、当事者及び家族

・日  時 : 2020年8月23日(日)13:00~16:00
・会  場 : 群馬県公社ビル 群馬県前橋市大渡町1丁目10−7

 

・第一部基調講演 :

       池上正樹氏(ジャーナリスト

         /KHJ全国ひきこもり家族会連合会広報担当理事)

    

・講演タイトル: ひきこもりの人たちの心情と周囲の向き合い方

 


・第二部テーマ別分科会 
  (1)テーマ:「多様な子どもたちを、私たちはどう支援できるのか?」
   #子どもの貧困  #発達の凸凹 #多国籍児童生徒 #LGBT #非行 
   
  (2)テーマ:「諦めた気持ちから、どう立ち上がることができるのか?」
   #不登校・学びなおし #発達の凸凹 #多国籍児童生徒 #非行 #LGBT
   
  (3)テーマ:「居場所と社会参加を考える」
   #不登校・学びなおし #ニート・ひきこもり
   

  分科会1・2については、定員となりましたのでこれからの申し込み

  は分科会3のみとなりました。
   
・閉会の挨拶/まとめ/振り返り

・交流会/名刺交換会(閉会後任意で)
・登壇者 : 分科会ごとにテーマの投げかけを行うスピーカーを予定(数名)
・対 象 : 困難な状況にある子ども・若者支援者及び関係機関、当事者及び家族
・定 員 : 150名(全体会会場 感染症予防のため、定員の半分とさせていただきます)

・後 援 : 群馬県・群馬県教育員会・上毛新聞社・群馬テレビ・FM群馬・毎日新聞前橋支局

       東京新聞前橋支局・朝日新聞社前橋総局・時事通信社前橋支局・産経新聞社前橋支局

       読売新聞前橋支局・群馬県私立通信制等高校連絡協議会・群馬県社会福祉協議会

コロナ対策について

 施設貸出条件にあわせて、対応をいたします。

  ・公社ビルに入館する際は、アルコール消毒または手洗いを行ってください。

  ・当日受付にて、健康状態の申告書への記入・提出をお願いします。

  ・発熱がある場合や体調不良の場合は、ご参加をご遠慮いただきます。

​  ・館内では、マスクの着用をお願いします。

 

 

​   今後のコロナの影響について、HPでご連絡をさせていただきます。

この事業は赤い羽根共同募金の助成を受けて実施します。

ご不明な点はメールにてご連絡をください。

 メールアドレス:   minamikaze2015@outlook.jp

© 2020 ぐんまの子ども・若者支援フォーラム実行委員会(わせがく高等学校前橋キャンパス内)        

お問い合わせminamikaze2015@outlook.jp    ☎:027-289-0692

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now